デスクトップパソコンを利用する際にはまず置き場所に注意した方が良いでしょう。ノートパソコンと違って基本的には場所が固定されてしまいますし、その際の置き場所によっては本体に負担になってしまうことがあるのです。特に窓際に置いたりすると直射日光によって熱が加えられてしまったり、また湿気の影響も受け易くなります。その為、置き場所をよく考えた上で配置した方が良いと言えます。なお湿気に弱いということもあって加湿器にも注意しなければいけません。うっかり近くで加湿器を使うと悪影響になりますので要注意です。
コード類をできるだけまとめておくように心掛けることも大切と言えます。デスクトップパソコンの場合、本体やモニターの電源ケーブルをはじめ、モニターへの出力の為の接続コード、インターネットの接続コード、スピーカーやキーボードなどのコードといった沢山のコードが存在します。そういったコード類をまとめておかないと何かの拍子に引っ掛かってしまったり、場合によっては高いところから本体が落ちてしまう恐れもありますので、環境面に関しても気を配るようにした方が良いと言えます。
ホコリの清掃を定期的に行うように心掛けるのも扱い方のポイントです。デスクトップパソコンは本体やモニター、キーボードなどの複数の装置をセットで使用し、そしてそれぞれにホコリが溜まってしまいます。例えば本体のファン部分にホコリが溜まってしまって熱を逃がし難くなったりすると故障をする恐れもありますので、小まめな清掃を心掛けた方が良いでしょう。