デスクトップパソコンは、基本的に自治体での回収は行われていません。いわゆるリサイクル法により、メーカーによる自主回収が行われています。回収方法などはそれぞれのメーカーで決められていますから、メーカーのWEBサイトなどで確認してみるといいでしょう。デスクトップパソコンを廃棄する際の一番の注意点は、データの取り扱いです。デスクトップパソコンには、データを記憶しておくハードディスクが内臓されています。このハードディスクには様々な情報が記録されていますから、個人情報を洩らしたくないのであれば、しっかりとデータを消去してから捨てた方がいいです。データ消去は、ファイルを1つ1つ地味に削除したり新規にOSをインストールしたりすることでもできますが、しかし、この方法は実は不完全です。履歴が残っていたりして、専門知識がある人だとデータを復元できてしまう場合があります。完全にデータを消去するには、パソコンからハードディスクを取り出して、ディスクを直にカッターなどで傷をつけるという方法が確実です。データの破壊を処分会社に任せるという方法もありますが、そんなに手間のかかる作業ではないですから、自分で行うことをオススメします。データ消去さえ行っておけば、後は安心して廃棄できます。廃棄方法は、メーカーの回収以外にも色々あります。中古ショップに売り飛ばすとか、地域の廃品回収業者に渡すとか、ネットオークションで売るなどが考えられます。また、不要になったパソコンをダンボールに詰めて送ってやるだけでOKという業者も最近登場しており、利用者が増えています。いずれの廃棄方法を選ぶにしろ、データの消去だけはしっかりと行いましょう。